道産ワインと胆振の食ワインツアー~ザ・ウィンザーホテル洞爺に行ってきました…

前回の空知ワイナリーツアーに続いて、今回は、胆振地域のワインと、そんなワインに合う胆振地域の食材を使用したお料...続きを読む

前回の空知ワイナリーツアーに続いて、今回は、胆振地域のワインと、そんなワインに合う胆振地域の食材を使用したお料理が、ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパで出逢いました♥︎

その様子をお届けします!ワインLOVER’S必読です!

 

この日は朝から、私の住む札幌でも本格的な初雪となりました。真っ白な中山峠を通って洞爺に出発です!今日、ワインと食が集合する会場は、ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ。洞爺湖を望む高台に建つまさにお城。

 

もくじ

1総料理長飯島豪氏と、ワインソムリエ阿部眞久氏が語る「道産ワインに合う食」

2世界から愛される道産ワインたち

3道産ワインに合う胆振地域の美味しい食材たち

4本日のmenu

1.総料理長飯島豪氏と、ワインソムリエ阿部眞久氏が語る「道産ワインに合う食

総料理長飯島豪氏とワインソムリエの阿部眞久氏「道産ワインに合わせる食」をテーマのディスカッションには道内外から、100名近いワインLOVER’Sが訪れます。皆様を迎える準備も心遣いに満ち溢れています。

ディスカッションでは、北海道の魅力あふれる食材と観光、そしてワインの統一が話され、今までになかったオシャレな里山料理の感性いっぱいのやりとりが、集まった皆さんのココロが躍るようなディスカッションでした。

 

2.世界から愛される道産ワインたち

道内の6箇所のワイナリーから自慢のワインが出展されていました。

★「鶴沼ヴィンヤードブラン2015」北海道ワイン

★「キャンベルロゼセレクション2015」平川ワイナリー

★「ミュラー・トゥルガウ2015」月浦ワイナリー

 

★「HATSUYUKIケルナードライ2015」Nikki Hills Village

★「北ワインピノノワールロゼ 2015」千歳ワイナリー

★「YAMAZAKI ピノノワール 2015」山崎ワイナリー

 

 

 

 

 

3.道産ワインに合う胆振地域の美味しい食材たち

本日のMENUにも使われている、道内の農家さんや漁協、牧場の美味しい食材をご紹介。ワインとの相性抜群のグルメ素材が揃いました。

★のぼりべつ酪農館から

・各種チーズ、牛乳、飲むフロマージュ

★豊浦町のカドワキ牧場、北海スキャロップ、いぶり噴火湾漁業協同組合豊浦支所から

・活ホタテ、片貝ホタテ、ボイルホタテ、缶詰

★ハスカップファーム山口農園から

・冷凍ハスカップ果実、ハスカップソース、ハスカップジャム

★伊達観光物産公社

・伊達野菜

★牧家

・各種チーズ、ビーフステーキ、ヨーグルト、プリン

 

 

4.本日のmenu

~ミシュラン星に輝き続けるフレンチレストラン「ミシェル・ブラス」。世界初の支店として2002年にオープン。レストランだけでなく北海道で唯一ホテル部門の5つ星に輝く~

 

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパは、日本料理あらし山吉兆、フランス料理ミシェル・ブラス・トーヤ・ジャポン、フレンチのギリガンズアイランドの他にも寿司、中華、鉄板焼と世界の美食家の感動に応え続けています。

 

 暖かいお料理は暖かいまま食べて欲しい。冷たいスイーツは冷たいうちに。そんな気持ちが伝わります。

 

 

必ず最後の仕上げは、総料理長がされていました。

 

 

この日のMENUには、道産ワインに合う胆振地域の魚貝、肉、野菜や果物、そして素材をもっと魅力的にした加工品がふんだんに使われていました。一部ですがご紹介します♩

 

♥︎帆立貝とマンゴーのビバーチェ(豊浦礼文華産「北海スキャロップ」)

 

♥︎白カビチーズとハスカップジャム(のぼりべつ酪農館「白カビチーズ」、厚真町農家山口さん「ハスカップジャム」)

 

♥︎熟成ポークとキャンベルのジャム黒胡椒の香り(田中農場「熟成ポーク」、壮瞥町浜田農場「キャンベルのジャム」

 

 

♥︎噴火湾のヒラメの握り(噴火湾漁協)

♥︎カドワキ牛の厚切りロースト、ドライフルーツにチャツネ添え(カドワキ牧場)

♥︎白老牛厚切りロースト塩・黒胡椒

♥︎原木椎茸

♥︎はつゆきワインジュレと洋なしのムース

♥︎カルパッチョ、ライムとオレンジの香り

 

♥︎ブーランジュリーウィンザーの道産小麦の自家製パン

 

 

 

<海外からのお客様も特別な北海道を楽しむ為に>

MICHILIN GUIDE HOKKAIDO 2017 

<主催>

北海道胆振総合振興局産業振興部